ホーム > 社員インタビュー > 医療福祉事業部 プロジェクトマネジャー 窪田 啓介

窪田 啓介

スタッフプラスに入社した理由

前職は派遣会社の派遣元責任者を行なっておりました。一生懸命働いてくれる派遣スタッフの為にもっと沢山できる事はあるにも関わらず、仕事の範疇は限られており、自分の思いを形にするとこは出来にくい環境にモヤモヤしていました。スタッフプラスは組織拡大や事業展開のスピードも早く、実績を出せばプロジェクト等も任せていただけると聞き、自分のやりたい事を体現できる場所だと感じ入社しました。実際に入社10ヶ月目でプロジェクトマネジャーとして新しい取組みを任されていますのでこれからが勝負だと感じています。

プロジェクトマネジャーのミッション

今までは自分の成果だけを追っている環境でしたが、プロジェクトマネジャーは他キャリアアドバイザーや他部門等も巻き込まないとミッションを達成できません。プロジェクトが達成できるか出来ないかにより自分以外のメンバーの成果にも大きく影響する為、プレッシャーもありますが、遣り甲斐も大きいです。将来的には事業部のマネジャーを目指していますので、現在のプロジェクトを必ず達成させると共に、その過程の中で組織マネジメントや仕組み化をする為のノウハウを身に着けていきたいと思っています。

生産性とワークライフバランス

世間では“働き方改革”の動きが活発になっていますが、スタッフプラスは設立当初から、働き方への考え方は凄く柔軟です。プロジェクトマネジャーになってからは特に忙しいのですが、フレックスタイムの制度を使い、たまには妻に替って子供のお迎えにいくこともあります。また、在宅勤務制度を使い、家族の体調が悪いとき等は会社に出社せず、終日自宅勤務することもあります。これらの制度を上手く利用し、家族との時間もしっかり作れています。やることをやっていれば自由が与えられる、合理性を重視した社風は、家庭と仕事の両立には欠かせない制度と感じています。

医療福祉事業部 プロジェクトマネジャー 窪田 啓介

2016年入社/30代/前職:人材派遣営業/趣味:野球