ホーム > 社員インタビュー > 医療福祉事業部長 川田 一仁

川田 一仁

仕事の魅力

「人材紹介」や「転職支援」と聞くと、どんなイメージがあるでしょうか。
・コンサルタント
・カウンセラー
などの少しスマートで華やかなイメージをされる方が多いかもしれません。キャリアアドバイザーの仕事は、アドバイスのひとつ、提案のひとつで求職者様の人生が大きく変わる可能性すらあります。だからこそ、強い責任感が求められる仕事であり、やりがいがある仕事でもあります。

求職者様とどれだけ真剣に向き合えるか、情熱を注ぎ込めるか、そして相手の人生を預かることを覚悟ができるか、それがキャリアアドバイザーとして良い仕事ができる条件になり、どこまでも探求し追求できることがこの仕事の魅力です。

特に介護という職種は、夜勤もある不規則な仕事でもあり、家庭との両立は簡単ではありません。小さなお子さまが居る場合などは、就業先の近くの保育園の空き状況や入園までの段取りやサポートまで行なうこともあります。キャリアアドバイスと合わせてライフプランのアドバイスなどを行う事もあります。

スタッフプラスの社風

スタッフプラスは「良い会社」になるために、4つのミッション達成させる必要があります。
1.社会に貢献すること
2.給与が高いこと
3.自己実現できること
4.プライベートと仕事が両立できること
この4つ全てを満たすのは簡単ではありませんが、必ず実現させることを全員本気で取り組んでいます。私たちのビジネスを通して世の中に貢献できる人でありたい。会社や組織に依存することなく自立した個の集まりでありたい。家族や仲間を大切にする人でありたい。それが私たちスタッフプラスの目指している姿です。

スタッフプラスで成長する為の条件

転職支援の場では、顧客の本質を見極め、仮説を立て、ベストな提案をすることが求められます。重要なことは失敗しないことではなく失敗から学ぶこと。何故上手くいかなかったのか?失敗を徹底的に深堀し、根底の原因を見つけ対策を考える。失敗に学ぶ姿勢を貫ける人は必ず成長します。
だからこそ、組織として間違いに気づいた時は凄いスピードでやり方を変えていきます。この激しい環境変化が、個々の成長を加速させてくれると私は考えています。

医療福祉事業部長 川田 一仁

2015年入社/40代/前職:人材紹介会社/趣味:ヒップホップダンス